群発頭痛の原因や症状、対策や治療方法など

群発頭痛の基礎知識

群発頭痛の対処法・予防法

群発頭痛の体験談

群発頭痛の豆知識

群発頭痛とは
目の奥をえぐられるような痛み・側頭部のズキズキした痛みなどの症状があり、 1-2ヶ月間だけ集中的に起こる、頭痛の中でもとても痛い頭痛と言われています。 
まずは症状、何が原因で起きているのかを解説。ぜひこちらをご覧ください。

群発頭痛とは

あなたの症状をチェックしてみてください。複数個当てはまれば群発頭痛の可能性が高いと言えます。 痛みの原因がわかると気持ちも落ち着くでしょう。 群発頭痛かどうかチェックする

群発頭痛とは?

群発頭痛という言葉はほとんど知られていません。この症状や原因不明な点、明確な対処法が確立できていないことなどをテレビなどでたまに放送されるととても怖い頭痛だという印象を誰もが持ちます。というのも、群発頭痛は一生のうちに経験する3つの痛みの中の1つだからです。

群発頭痛の原因、症状、対処法

群発頭痛の原因は簡単に言えば頭痛が起こっている部分の血管が拡張して周囲の神経を圧迫するから、というのが一般的な考え方で、しかしこの血管拡張がなぜ起こるのか、というのが明確にわかっていません。というのも、体内時計や気圧、食品やアルコール、ストレスなど色々な原因が考えられるものの、人によってはまったく症状が出ないものもあるのです。

群発頭痛の症状

さらにはいつでも症状が出るわけではなく、一定期間群発頭痛が起こる時期があり、それ以降は原因となることがあったとしても群発頭痛は起こりません。周期としては1年周期から人によっては数年間何も起こらず急に症状が出て思い出す、ということもあります。これが群発頭痛の怖いところで名前の由来になっています。

群発頭痛の対処法

対処法は市販頭痛薬や医師の処方する頭痛薬、痛み止めが主流で、それ以外には高濃度酸素の吸引がメインです。群発頭痛の症状が出たらすぐに薬を飲んで、症状が出る前に対処します。薬以外ではとにかく耐えるしかないということです。症状は1時間程度で収まるときもあれば半日以上続く場合もあり、群発頭痛期間が過ぎてしまえばあとはまた普通の生活に戻れます。